スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

お昼ごはんを食べ過ぎた・・・百楽名古屋店

午前中は、TAC名古屋校にて勉強。
勉強した内容とそれにかかった時間を紙に書いておいたのだが、意外と問題演習には時間がかかるものである。
だらだらやっているわけではないと思うのだが。
今日は自習室に設定されている教室が少なかったようで、自習室はかなり混雑していた。
午前8時30分くらいにTACに到着し、席を確保したのだが、午前9時にはほぼ席が満席になっていた。
私が自習していたのは、電卓が使用できる一般の自習室だが、電卓が使用できない理論専用自習室は若干あいていたようだ。

お昼ごはんは、名古屋百楽で、妻とランチバイキングを。
詳しくはwebサイトをごらんいただければよいと思うのだが、この百楽のランチバイキングはすごく美味しく、値段も安いのでお勧めである。
今日はお昼過ぎ(13時前)に行ったので、ほとんど待たずに入場することができた。
しかし、料理が少々くたびれていた。
本当においしい状態の料理をいただくには、やはり11時30分から入場できるよう並ぶのがベターである。

今日はいつになく張り切って食べ過ぎたせいか、ちょっと苦しくなった。

百楽のトイレ(ランチバイキングの階の一階下の階のトイレ)は、外窓に面しており、そのトイレから名古屋駅のロータリー周辺が一望できた。

せっかくなので、写真を撮った。
百楽トイレから大名古屋ビルヂング方面
いつもお世話になっている大名古屋ビルヂングを、いつも見るのとは違う角度から。

スポンサーサイト
日々のつれづれ | 【2008-03-30(Sun) 23:07:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

携帯電話の電池パック 到着

先日、三洋電機に電話し、携帯電話(W41SA)の電池パックの送付を依頼した。
本日の朝、ゆうパックで到着した。
送付物は、A4サイズの封筒に入っていた。

同封物は、おわびの文章がかかれた紙と電池パックである。
電池パック同封物


電池パックを交換しょうと、装てんされている電池パックを取り出しよく見ると、かなり膨張している。
中央が膨らんでいるのがお分かりになるでしょうか。
電池パック膨張


裏側から見ると、こんな感じ。正常な状態であれば、テーブルに電池パックがぴったりと付かなければならないのに、膨張しているため、電池パックの周辺部がテーブルから浮いているのがわかる。
電池パック膨張裏


今度こそは正常に使えるといいのだが。

日々のつれづれ | 【2008-03-30(Sun) 22:46:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

厚生年金保険法 教室講義6回目

 厚生年金保険法の第6回目講義を受けてきた。
 
 ようやく、難解な厚生年金も終了である。
 インプットのほうは終わりが見えてきた。

 しかし、この厚生年金保険法は難しい。
 講義を一度きいただけでは、なかなか頭の中に入ってこない。
 覚えては忘れ、また覚えて・・・のサイクルを何度も繰り返さなければダメなのだろう。

 厚生年金保険法は、社労士試験の他の法律と違い、単に数字を丸暗記する要素はほとんどない。
 それがせめてもの救いか(笑)

未分類 | 【2008-03-28(Fri) 22:47:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

携帯電話 W41SAの電池パック不良・・・

 私はauの携帯電話、W41SAを使用している。
 1年ほど前、電池パックが膨らむということで、無償で電池パックを交換したのだが、また同じような症状が出てきた。
 充電に係るプログラムの不良が原因であり、そのプログラムをアップデートすることにより、再びこのような電池パックが膨張することはないと言うことだったと思うのだが。

 一度電池パックのふたを開けた後、閉めようとすると、電池パックの膨張のため閉めることが困難になってきたので、メーカである三洋電機に電話をしてみた。

 担当の男性が丁寧に対応してくれた。
 以前に電池を交換したこと、プログラムのアップデートをしたこと、電池のもちはそれほど変わらないことを伝えた。
 すると、再度電池を交換してくれるとのこと。
 ゆうぱっくにて、明後日に到着するよう手配するとのことで、非常に迅速な対応に驚いた。
 なお、膨張した電池パックは不燃ごみで廃棄するか、auショップに持ち込んで欲しいとのこと。

 電池パックが膨張したのは困ったが、メーカの対応は非常に満足している。
W41SA.jpg


日々のつれづれ | 【2008-03-27(Thu) 23:42:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋 ディナービュッフェ

 妻と二人でディナーをしてきた。
 場所は、結婚式を挙げたホテルグランコート名古屋である。

 テーマは「洋食屋さんブッフェ」。
 エビフライやサラダ、フルーツが美味しかった。
 逆に、ステーキは筋が多くていまいちだった。
 
 料金は、消費税・サービス料込みで3,600円(ディナー、大人)。
 ホテルで結婚式を挙げると、有効期限なしの「エタニティカード」がもらえ、そのカードを提示すると、ホテル内のレストランの通常料金から10パーセント引きになる。
 3,300円程度であれだけの食事が出来れば満足である。

「洋食屋さんブッフェ」

 

日々のつれづれ | 【2008-03-26(Wed) 21:22:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

厚生年金保険法 教室講義 第5回目

 今日は厚生年金保険法の第5回目講義があった。
 厚生年金もいよいよ大詰めである。

 ところで、私が座った席の前の男性(40歳くらいか)が、講義が始まる前から携帯電話でテレビを見ていた。(もちろん、音声は出していなかったが)
 私の視界にその携帯電話が入っていたので、ちらちらと、その男性が何を見たいのだろうと目をやったが、よくわからなかった。
 
 さすがに、講義が始まれば携帯をしまうのだろうなと思っていたら、講義が始まっても一向に見るのをやめていない。この人、この教室に何をしに来ているのだろう・・・と思っていた。
 
 講師の佐藤先生がミニテストの解説を終了した後、今日この時間に、レッドソックスの松坂投手が登板していることに触れられた。なるほど、この男性は、松坂が見たくて携帯テレビを見ているのだと。

 そんなに松坂がみたいなら、講義を休んで家でじっくり見るなり、ビデオ等に録画するなりしてきてよ・・・、と思う次第であった。

未分類 | 【2008-03-25(Tue) 23:13:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

健康保険法 第三回 教室講義

 私が受講している教室講義は、厚生年金保険法まで進んでいるが、
以前、風邪のため健康保険法の3回目の教室講義を聞くことができなかった。
 本日、その健康保険法の3回目の教室講義が行われるということで、
朝9時30分から講義を受講した。

 講師は山本先生である。
 いつも講義を受けている佐藤先生と比較して、
板書がほとんどなかったのが印象的だった。
 やはり慣れた先生の講義を聴くのがいいなと思った。
 (別に山本先生の講義が良くなかったわけではないが・・・)

 座席を確保するため、9時前にTAC名古屋校に到着したが、
非常に受講生が少なくて驚いた。
 結局、9時30分に集まった受講生は20人もいなかったのではなかっただろうか。
 このクラスは、あまり受講生がいないようだ。

 受講生が少ないためなのか、受講生同士が結構仲がよく、
あいさつをして教室に入ってきて、他の受講生と雑談していた人が結構いた。
 通常は1人しか座らない、3人がけの机・椅子にわざわざ2人で座っている人もおり、
ちょっと驚いた。飲み会でもやったのだろうか(笑)

 お昼ごはんは近くの多司へ。
 でもおにぎりが全然なくて、驚いた。
 こんぶとあさりだけしかなかった。
 私たちが店を訪れる前に誰かが大量におにぎりを購入したのだろうか・・・。

 午後は妻の実家へ。
 おいしいご飯を食べさせてもらい、明日からの元気をつけた。

未分類 | 【2008-03-23(Sun) 00:16:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

厚生年金保険法第4回 教室講義

 厚生年金保険法の講義もいよいよ後半戦。
 障害厚生年金についての講義だった。

 それにしても、厚生年金は難解である。
 なかなか全体像が理解できない。
 国民年金の内容とかなりオーバーラップしているのだが、
その国民年金の内容をかなり忘れかけており、
この国民年金の復習からやらなければならないようだ。
 
 厚生年金で今非常に苦しんでいるのだが、
年明けにTAC名古屋校で合格者の座談会では、
司会者から合格者へ、苦手科目をあげて欲しいと質問したときに、
合格者の誰もが苦手科目としてあげた科目の中に、
年金科目をあげていなかったことを思い出した。

 これまで勉強してきた中では、この厚生年金はダントツに
分量が多く、それに理解するのも困難であると思う。

 しかし、年金科目は、意外とシステマチックに出来ており、
その構成が理解できると、それほど難しくないと、webフォローで
講義を聴いている岡根先生が言っていたのも思い出した。
 
 年金のシステマチックな部分の理解に力を注がなくてはならない。
 大変だぁ・・・

 

未分類 | 【2008-03-21(Fri) 23:33:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 一日に10の感動をしよう!2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。