スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

東山動植物園&八事

先週の日曜日、ゼミの撮影実習に参加できなかったため、紅葉を撮影すべく東山動植物園へ出かけた。

意外と暖かくて、撮影には絶好の日であった。
午前11時頃到着したが、正門・植物園前の駐車場は満車で、植物園奥の駐車場に駐車した。(こちらは多少余裕があった)

正直な感想として、はっきりいって紅葉の時期はとうにピークを過ぎており、紅葉はところどころにしかなく、非常に撮影に苦労した。紅葉しているものも、葉は元気がなく、きれいな葉を見つけるのに苦労した。

事前に調査した東山動植物園のウェブサイトによると、入り口から日本庭園までのエリアに紅葉があるとのことだったため、日本庭園までしか行かなかった。ところどころに紅葉があり、なかなかきれいであった。

一人で撮影するのは、簡単なようで実は結構大変だということも痛感した。いざ、撮影するポイントを見つければ撮影は簡単だが、よい撮影ポイントを見つけるのはなかなか難しい。撮影実習だと、先生が撮影しているポイントはもちろん、他の方が撮影しているポイントで撮影することにより、それなりの写真が撮影できる。
撮影実習からも学ぶことが多いのだった。

さて、日本庭園まで撮影して、腹も空いたので帰ろうと思ったところ、撮影実習と思われる一団を発見。よくよく見てみると、寺門さんを見つけた。寺門さんの奥には、清水先生がおりびっくりした。ステップ1の撮影自習とのこと。清水先生から作例を見せてもらい、そのポイントで他の受講生と撮影した。他の方と一緒だとたくさん撮影できると感じた。

寺門さんや清水先生に会った場所は、日本庭園までの道のりの途中のポイントだったが、自分はそこで撮影をしていなかった。紅葉のポイントだと気がつかず通り過ぎていた。

ステップ1の受講生を見たところ、若い人が多いように感じた。また、よいレンズを持っているひとも多く、ゼミに進んでいる私よりも機材はすごいのでは、と思った。

今回、マクロレンズを本格的に使用してみた。100ミリでF2.8の明るさはキットレンズとは別物だと思った。ただ、キレイな紅葉の葉があまりなく、マクロレンズで寄って撮影するということができなかったのは残念だった。

東山動植物園の後、八事へ。
興正寺の紅葉を撮影すべく足を運んだが、こちらは東山動植物園以上に紅葉が無かった・・・。
実はここ興正寺の紅葉を期待していただけに、ちょっと残念だった。

日々のつれづれ | 【2010-12-12(Sun) 17:29:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 一日に10の感動をしよう!2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。