スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

よい習慣でよい人格

最近、野口吉昭氏の著書を読んでいる。
非常にインスパイアされることが多い。
グロービスで学んだロジカルシンキングを違う角度で解説してもらっているようだ。

今、野口氏の「コンサルタントの習慣術」を読みかけている。
歯磨きをしないと気持ち悪いように、よい習慣が身につけば自然とよい人格が形成される・・・といったくだり(だったろうか・・・)が印象に残っている。

最近、仕事やプライベートで心がけていることがある。
ちょっとしたことでもメモをとることだ。
メモをすることは、ちょっと面倒だ。
効果は、その場では確認できない。
しかし、その効果は後から実感することになる。

人間の頭は、それほど多くのことを短期記憶できない。
また、短期記憶は頭の中の一部を占有し、そのために十分な思考ができない。

メモとして紙なりパソコンを外部脳として利用することで、頭のリソースを思考能力にすべて振り向けることができる。

そのメモを意識してするようにしている。
すると、メモをしないことが先ほど紹介した歯磨きのように、これまで面倒だと思っていたことだが、しないと非常に気持ち悪く感じるようになってきた。

このレベルまで達すれば、習慣化したのではないかと思う。

よい習慣はよい人格を作る。
こういった言葉があるのかどうか知らないが、七香には、よい習慣を身につけさせることが親としての大切な役割だと思う。

習慣化というのはとても重要なことで、「時間割を作る」というこや「継続は力なり」も同じようなことであろう。

一方で、悪い習慣は、悪い人格、そして生活習慣病を招くということだ。
「生活習慣病」とはグッドネーミングだと思う。
日野原先生が名づけたと聞いているが、さすがは日野原先生である。

日々のつれづれ | 【2009-06-02(Tue) 19:13:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 一日に10の感動をしよう!2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。