スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

年金について

 来年3月に行われる年金アドバイザー試験を受験しようと思う。
 当面は3級を想定して勉強するが、せっかく勉強するならば2級を受験したいという気持ちもある。

 年金制度は経過措置が多いことや、1階部分である基礎年金と2階部分である厚生年金等との関係が複雑なため、非常に理解しにくいものである。

 だが、この理解しにくい部分は、日本の年金制度が歩んできた経緯から生じたものである。戦後、ボロボロの状態から、可能な限りで社会保障制度を築き上げてきた歴史なのである。
 
 家庭のあり方や働き方、人口構成等が変わり、当初の制度設計では年金制度がうまく機能しなくなったことは問題だと思う。しかし、年金は保険料の納付から給付までは長期設計が必要で、この長期にわたる社会の変化を予想することは神だけだろう。

 長期設計が必要な年金においては、頻繁に制度を変更することはできない。
 
 批判するだけなら簡単だか、かといって単に理想とする制度には容易に変更することもできないということを十分に理解すべきであろう。


「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)
細野 真宏
扶桑社
売り上げランキング: 262
おすすめ度の平均: 4.5
5 夏休みに子供と研究しました!
5 政治が生活にどう影響しているかが分かる本
5 メディヤに騙されるな!一人でも多くの人に読んでもらいたい!
5 これは国民必読書だと思います!
3 つまりは本質



日々のつれづれ | 【2009-09-12(Sat) 20:01:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 一日に10の感動をしよう!2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。